還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[2803]  [2802]  [2801]  [2800]  [2799]  [2798]  [2797]  [2796]  [2795]  [2794]  [2793

富士山と小笠原の世界遺産管理の方向性

世界文化遺産・富士山の夏山シーズンが終了したが、山梨県側の登山者数は2カ月半で20万8328人で開山期間が約2週間短かい昨2013年より1割少なく、関係者は安全や保全の面から減少を評価している。9月25日に都内で開かれた富士山世界文化遺産学術委員会では、委員の一人が登山者制限の必要性を強調している。富士山は登山道が渋滞し山小屋も収容力いっぱい受け入れ満員だが、同じ世界遺産でありながら小笠原諸島は来訪者を制限しており、富士山の世界遺産管理方法の方向性が違うのは奇異に映りますね。5合目の観光業者は売り上げが落ち込んでいるそうだが、このままだと世界遺産の登録抹消になって元も子もなくなるだろう。2014年夏から本格導入された入山料は徴収率が低迷し、来シーズンに課題を残している。売り上げ減少なら愛想の悪い5合目の観光業者の営業制限(業者削減)も同時に行っていけばいいのにと思う。
 
人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加してます。ランクアッ プが励みです。応援クリックよろしく!

Comment
徴収率アップの向上策
登山する人に安全登ってもらい、しっかり徴収するには、次のキャッチフレーズは、どうやろうか
「もし、あなたに万一の場合があったら、いくらか、お線香代に差し上げています。無事、お帰りの暁の場合は、地元の温泉へ、あなたたの財布から気持ちよくどうぞ。合わせて、ビールも・・」と。
Re:徴収率アップの向上策
山を大事にしよう、自然を守ろうという意識でしょうね。
【 管理人Yokohambaron 2014/10/17 19:57】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS