還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3319]  [3318]  [3317]  [3314]  [3312]  [3313]  [3316]  [3315]  [3311]  [3310]  [3309

里山でも登山装備徹底を

長野県警山岳安全対策課がゴールデンウイークの登山シーズンを前に、日帰りで登るような低山(里山)でも事故が相次いでいるためにヘルメットの着用といった装備の徹底などの注意を呼びかけている。長野市平柴の里山で、山道から崖を約100m滑落して全身を強く打って死亡した事故や、生坂村の京ケ倉(990m)の登山道から斜面を約200m滑落し死亡している。県警によると、いずれも誤って足を踏み外した可能性が高いようだ。2人はともにヘルメットを着用していなかったという。県内では2015年に273件の遭難が発生したが、このうち57件が里山での登山中や山菜採りの最中に起きた事故だったそうだ。里山に向かう登山者は日帰りによる山行が多く、装備も軽微になりがちになっているようだ。県警は、里山にも切り立った尾根や岩場があり、ヘルメットなどの装備品の着用や、事故が起きた際の救助要請に必要な携帯電話の所持、登山計画書の提出の徹底を呼びかけ、単独での入山をできるだけ避けるよう求めているので安全登山を徹底してくださいね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
里山でも登山装備徹底を
記事の脱字について

京ヶ倉は、「坂村」ではなく「生坂村」にあるやまです。
Re:里山でも登山装備徹底を
>京ヶ倉は、「坂村」ではなく「生坂村」にあるやまです。
ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。
【 管理人Yokohambaron 2016/04/30 18:00】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS