還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
  ★ 開始2007/5/23
  ★ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  ★ プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
  ★ 最新コメント
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]
  ★ ブログ内検索
  ★ アクセス解析
  ★ モバイル版はこちらのQRから
  ★ フリーエリア
★ 最古記事
★2016/07/12 (Tue)
北アルプス南部の中腹で雪解け水を利用している複数の山小屋が、本格的な夏山シーズンを前に水不足を心配しているようだ。昨冬は雪が少なく水源となる雪渓が極端に少ないためのようだ。貯水対策を始めた小屋もが関係者は一様に「こんなシーズンは初めて」といっている。涸沢カールにある涸沢ヒュッテでは4月中旬の小屋開けには例年なら屋根の上に多い所で5~6mの積雪があるが、今年は2~3mで屋根が見える場所もあったそうだ。

現在、例年なら雪に覆われているテント場には雪がない状態でカールの斜面の雪も少なく、岩肌がむき出しになっている場所が多いようだ。テント場近くの涸沢小屋は6月末、12個ある貯水タンクに水源の沢から引いた水をため始めたそうだ。横尾尾根を挟んで涸沢の北東側にある槍沢の槍沢ロッヂも6月末に水源を沢から滝に切り替えているそうだ。例年は沢の水が減る7月下旬に切り替えるが、今年は減り方が激しくスタッフの間で「水は秋のシーズン終了まで持つのか」と心配する声が出ているという。稜線近くにある小屋は雨水をためて利用するのに対し、中腹にある小屋は雪解け水を活用しているために中腹の小屋は雪解け水がなくなるといっぺんに困ってしまうそうだ。このままだと今年は水の有料化も検討することになりそうですよ

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

[3391] [3399] [3390] [3389] [3388] [3387] [3386] [3385] [3384] [3383] [3382]
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

★ ILLUSTRATION BY nyao
Powered by NINJA TOOLS