還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
  ★ 開始2007/5/23
  ★ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  ★ プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
  ★ 最新コメント
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]
  ★ ブログ内検索
  ★ アクセス解析
  ★ モバイル版はこちらのQRから
  ★ フリーエリア
★ 最古記事
★2016/10/31 (Mon)
富士山の噴火や落石から登山者らの身を守ろうと、裾野市の富士山裾野ガイド協会が裾野市須山の観光施設「森の駅富士山」で、登山者向けヘルメットの無償貸し出しを始めるそうだ。普及が進まないヘルメット持参を啓発する狙いがあるようだ。森の駅富士山は、須山浅間神社から富士宮口新六合目に合流する須山口登山歩道の中腹にある。須山口は原生林を通り、宝永火口に近づけるコースで、年間を通して通行できる。
宝永火口で今2016年7~9月の夏山シーズンに落石が相次いだ。このため、ガイド協会は10,11月の紅葉シーズンのトレッキングの登山者向けの貸し出しを決めたそうだ。ヘルメットは20個用意しており、利用者は保証金1000円で借り、返却時に返金されるがこの数で足りるのかな。
今年の夏山シーズンに静岡側の三つの登山口で、ヘルメットを着用、持参していた登山者はわずか1.4%だったそうだ。静岡県は2015年に噴火などの万一に備えて山頂付近の山小屋など35カ所に計740個のヘルメットを置いたが、「持参が原則」として登山口での貸し出しはしていないそうだ。観光富士登山だからわざわざヘルメット持っていかないでしょうね。

応援ぽちを2つよろしくです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
[3503] [3502] [3501] [3500] [3499] [3498] [3497] [3496] [3495] [3494] [3492]
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

★ ILLUSTRATION BY nyao
Powered by NINJA TOOLS