還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3584]  [3583]  [3582]  [3581]  [3580]  [3579]  [3578]  [3577]  [3576]  [3575]  [3574

2016年は富士山遭難が大幅増加

2016年は世界遺産登録の年に次ぐ104件と富士山遭難が大幅増加したそうだ。そこで、富士山の登山の在り方をめぐって世界文化遺産の観点からも静岡、山梨両県が登山について検討を行っており、2018年11月末までにユネスコの世界遺産センターに報告書を提出する予定になっているそうだ。2016年および2015年の富士登山の実態調査にもとづき指標素案が作成されており、例えば、山小屋で休息してから山頂で御来光を拝む登山者の割合を80%以上にする、富士山に「神聖さ」を感じた登山者の割合を90%以上にすることなどが盛り込まれているようだ。静岡県によると、報告書の作成と合わせて具体的な対策についても検討し、2018年の夏山シーズンから対策を施していく予定だという。ユネスコに向けて富士登山の在り方を協議している最中、山梨県が独自に登山条例の制定を検討することに静岡県側はやや困惑気味のようだが、山梨県が検討する条例では富士山も対象になるのか、罰則規定をもうけるのか、など山梨県側の対応を注視している状況だというが協力してできないもでしょうか。。

応援ぽちを2つよろしくです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS