Angels-Lily

還暦から始めたブログも14年目を迎えます。 古希を過ぎると体力が落ちてきました。 のんびりと登山やWalkingをしていきます。 Copyright (C) 2007-2020 Angels-Lily All rights reserved.

応援ぽちをよろしくです。 人気ブログランキング にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村

山で大きな木・巨樹・巨木の定義は

山友が最近になって巨樹・巨木の写真を撮るのに興味をおってきている。 そこで巨樹・巨木の定義を調べてみた。1988年に環 境庁(現・環境省)によって統一基準が打ち出されていたんですね。。 定義によると、*地上約130cmの位置での幹周りが300cm以上の木で地上約130cmの位置において幹が複数に分かれている場合は それぞれの幹周りの合計が300cm以上あり、主幹の幹周りが200cm以上のものと定められています。 巨樹・巨木の定義とデータベースはこちらにありますよ。http://www.kyoju.jp/data/teigi.html 巨木の樹種でもっとも多いのはスギでケヤキ、クスノキ、イチョウと続きます。日本でいちばん有名な巨樹・巨木は屋久島の縄 文杉でしょうか(樹高25.3m、幹周り16.1m)でも日本一の巨樹と認定されているのは鹿児島県の「蒲生の大クス」で樹高30m 、幹周りはなんと24.2mです。日本の巨樹・巨木はその多くが寺社の所有によるもがおおいですね。つまり人里にある、という ことだから山に行けないときは巨樹・巨木巡りをするのもいいかも知れませんね。
にほんブ
ログ村 アウトドアブログ 登山へ← 日本ブログ村ランキングに参加中です。ランクUPが励みになりますのでクリックお願いします。
にほんブログ村
↓こちらもよろしくね
人気ブログランキングへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

へぇ~

巨木・巨樹の定義ってあるんですね?しかもデータベースまであるとは知りませんでした。
ちなみに私の田舎の十津川村・玉置神社の杉も登録されていました。ここの大杉は一見の価値がありますよ。
http://www.geocities.jp/ir5o_kjmt2/kigi/sugitmk1.htm
http://blog.goo.ne.jp/yss2141/e/fab0c53c6bbad703c823d7c796f01757
  • 玉置三紀夫 さん |
  • 2010/08/17 (16:34) |
  • Edit |
  • 返信

Re:へぇ~

久しぶりのコメントありがとうございます。
なんでもDBがあるのは助かりますね。
  • from Yokohamabaron |
  • 2010/08/17 (20:29)
  

開始2007/5/23

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Yokohamabaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。

最新コメント

[05/23 tackmemo]
[10/08 ER(テレ娘)]
[08/15 ER(テレ娘)]
[07/01 ゆきえ]
[04/25 Taym]

ブログ内検索

アクセス解析

モバイル版はこちらのQRから

Copyright ©  -- Angels-Lily --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS /  /