Angels-Lily

還暦から始めたブログも11年目を迎えています。 古希を過ぎると体力が落ちてきました。 のんびりと登山やランニングをしていきます。 Copyright (C) 2007-2018 Angels-Lily All rights reserved.

応援ぽちをよろしくです。 人気ブログランキング にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村

霧ケ峰でシカ食害対策でニッコウキスゲ守る電気柵設置

長野県や諏訪市、下桑原牧野農業協同組合などでつくる霧ケ峰自然環境保全協議会が、ニホンジカによる食害からニッコウキスゲの群生地を保護するため、霧ケ峰高原の車山肩と富士見台に総延長3kmの電気柵と同500mの防護ネットを設置した。

電気柵は車山肩の群生地3カ所と、富士見台の群生地1カ所を囲むように設置し、高さ約1.5mの支柱を約5m間隔で立て、最大7000Vの電流が流れる電線4本を張っり、防護ネットは、車山肩の群生地のうち2カ所の近くに設けたそうだ。今年と同じ場所に電気柵を設置した昨年は、柵の内側での食害は確認されなかったそうだ。冬場はこれまで柵を撤去してきたが、作業を簡略化するため、今年は富士見台の電気柵のうち人目に付かない約400m区間の支柱は立てたままにする方針のようだ。今年の霧ケ峰のニッコウキスゲは7月中旬すぎに見頃を迎える見込みのようですよ。

応援ぽちをよろしくです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

長野県の防災ヘリ運航再開

2017年3月の墜落事故で防災ヘリコプターを失った長野県は、民間から借り上げた機体での訓練の結果、安全な運航ができると判断し、防災ヘリコプターの運航を再開するそうだ。
長野県は、去年3月の墜落事故で唯一の防災ヘリコプターを失ったが、民間の航空会社から機体を借り上げてことし3月以降、飛行訓練を続けてきた。林野火災と救急搬送を想定した飛行訓練がすべて終了したことや、民間の航空会社から派遣されたパイロットが長野県内の地形に十分慣れたことなどから、安全な運航ができると判断したようだ。長野県は7日から自前の防災ヘリで林野火災の消火活動などに対応している。

応援ぽちをよろしくです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

北ア雪は少なめ

北アルプス涸沢の山小屋「涸沢ヒュッテ」が17日から小屋開け作業が本格的に始まったようだ。涸沢ヒュッテによると、3月に暖かい日が続いたことなどから、周辺の積雪は例年より1mほど少なく5月中旬並みといい、多い所で5~6mで春山シーズンを控えた除雪作業で除雪機が飛ばす雪が空に舞い、少しずつ小屋が姿を現したようだ。

小屋にはヘリコプターが何度も近づき、冷凍食品や水など計2.5㌧の積み荷を下ろし、従業員がリレー方式で室内に運び込み4月27日から営業する予定のようだ。

応援ぽちをよろしくです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

会津駒ケ岳の木道整備へ

檜枝岐村が2018年度から尾瀬国立公園にそびえる名峰会津駒ケ岳(2133m)の老朽化した木道を修繕するため、「企業版ふるさと納税制度」を活用した会津駒ケ岳山頂湿原木道整備事業を始めたそうだ。全国の企業から寄付を募って修繕し、貴重な高山植物の保護や登山者の安全確保を図るためのようだ。山頂周辺で湿原の荒廃が進んだことから、昭和40年代から木道が敷設された。厳しい自然環境の中、劣化が進み、湿原への踏み込みや登山者のけがが増えており、管理主体は本来、国だが、村は早急な対応が必要だとし取り組みを始めたそうだ。整備事業では、山頂から中門岳(尾根上の湿原)までの木道約3kmを修繕し、テラスを修復、新設する。事業期間は5年で予算は6000万円で、うち半分は国の負担を見込み、企業版ふるさと納税制度の活用として2018,2019年の両年度の寄付金を充てる。山小屋「駒の小屋」と道の駅「尾瀬檜枝岐」に寄付を寄せた企業名入りのプレートを飾るそうだ。

応援ぽちをよろしくです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

福島県警も「登山届アプリ」を採用

福島県警は登山シーズンの本格化に向けて日本山岳ガイド協会が運営する登山届アプリ「コンパス」を山岳遭難の捜索活動に活用することにしたようだ。登山者が登山計画通りに下山しなかった場合に家族や知人に連絡が届くアプリで、遭難時の捜索活動の迅速化につながるシステムとして期待されており長野や他県警の多く採用され始めている。同協会と対応の迅速化などを目的とした協定を締結したし。協定締結は東北6県の県警では初めてのようだ。

登山者がアプリを通じて登山計画を提出、7時間後にアプリ上で下山届が提出されなかった場合に家族や知人にメールが届く仕組みで、県警は協定を通じてアプリの管理者権限を持ち、家族や知人から相談を受けた後、アプリの登山届を閲覧し、すぐに捜索に着手できる迅速性があるようだ。緊急連絡先には家族以外も指定可能で、各関係機関と登山届を共有できる利点もある。アプリを通してほかの登山者から行方不明者の目撃情報を収集することもできるため、県警では登山者にアプリの利用を促す方針だそうだ。登山には必ず登山届を出しましょう。


応援ぽちをよろしくです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村
  

開始2007/5/23

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。

最新コメント

[05/02 Manohiro]
[04/09 目目連]
[04/07 ER(テレ娘)]
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]

ブログ内検索

アクセス解析

モバイル版はこちらのQRから

Copyright ©  -- Angels-Lily --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS /  /