Angels-Lily

還暦から始めたブログも13年目を迎えます。 古希を過ぎると体力が落ちてきました。 のんびりと登山やランニングをしていきます。 Copyright (C) 2007-2019 Angels-Lily All rights reserved.

応援ぽちをよろしくです。 人気ブログランキング にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村

ぐんま県境稜線トレイルに避難小屋

ぐんま県境稜線トレイルは、群馬県みなかみ町の谷川連峰から志賀高原や草津白根山をかすめて嬬恋村の四阿山に至る稜線に付けられた全長約100kmのロングトレイルだ。トレイルは既存の登山道と新たに整備した登山道をつなげて実現しているが、避難小屋がなかった。今回設置された避難小屋は、新たに整備された登山道上にある。

「ムジナ平避難小屋」と名付けられ、鉄骨造平屋建で、大きさは16.67平方メートル、最大11人が利用できる。なお、小屋は緊急時の避難用のため電気はなく、トイレや水場は用意されていないそうです。
詳細は(こちら)を参照してください。

応援ぽちをよろしくです。

登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

Copyright(C)2007~2018 Angels-Lily All Rights Reserved.

子どもヤマビル研究会によるヒルの生態研究

山で昼に血を吸われたことがあるとおみますが、小さな体で吸血すると小豆粒のようにふっくら膨らみますね。ヤマビルのお腹の中は、いったいどのようになっているのだろう? 誰もが気になるテーが。子どもたちの研究の成果をご覧ください。とっても素晴らしい研究成果です。
ヤマケイに掲載された子どもヤマビル研究会によるヒルの生態研究記事は(こちら)です。

そのほか子どもヤマビル研究会ではヤマビルの生態研究などやってますがびっくりしました。ぜひ参照してみてくださいね。
子どもヤマビル研究会のブログは(こちら)

応援ぽちをよろしくです。

登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

女性初の立山ガイド

女性初の立山ガイドが誕生したそうだ。立山ガイド協会は前身を含め百年近い歴史を誇るが、所属ガイドは男性だけだったが日本山岳ガイド協会の資格試験に合格し、立山をこよなく愛する「立山ガール」だそうだ。

兵庫出身だそうだが、高校生のころから趣味でスノーボードをし、住んでいた地域は雪が少なかったので万年雪がある立山なら一年中滑れると聞き、21歳から立山でリゾートバイトをしながら暮らすようになり富山へ移住してしまったそうだ。
立山ガイドはすごい先輩ばかりで最初は自分で大丈夫かと心配だったが、今は自分しかできないことがあると考えてガイドするそうだ。例えば女性のケアなどで、山は整った環境じゃない。困ったことが起きた時、女性のガイドには言い出しやすいことがあると思い、男性のような体の力はないけれど知識や経験でカバーしていくそうだ。

応援ぽちをよろしくです。

登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

栗駒山の現状は

秋田、岩手、宮城3県にまたがる活火山、栗駒山(1626m)は今年5月30日から「噴火警戒レベル」の運用を開始したため10月下旬に紅葉登山をしたが須川登山口から昭和湖の登山ルートは使えなかった。栗駒山は現在「レベル1」となっているが、秋田、岩手県境の昭和湖付近で高濃度の火山ガス(硫化水素)が検出され、入山者が多い「須川コース」が立ち入り禁止となっている。

御嶽山は「レベル1」の運用だったが2014年に突然噴火し、死者57人、行方不明者6人を出した。そこで国は2015年に活火山法を改正し、関係自治体に協議会設置と避難体制の協議を義務づけ、「栗駒山火山防災協議会」は2016年に設置されてハザードマップと避難計画を策定した。それによると、噴火口を秋田・岩手県境の昭和湖一帯に想定し、レベルが上がるにつれ、噴石▽高温の岩塊やガスが高速で流下する火砕流・火砕サージ▽火口付近の雪を急速に溶かし発生する大量の水と土砂が混合、流下する融雪型泥流――の3現象が居住地域とその付近を襲う可能性があることが分かったそうだ。岩手県総合防災室は「火山活動は静穏を保っていて、火山噴火予知連絡会などの見解も踏まえながら、当面はレベル1で監視する」ようだ。

応援ぽちをよろしくです。

登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

「沼尻高原ロッジ」11月11日にオープン

女性として世界で初めてエベレスト登頂を果たした登山家の故田部井淳子さんがオーナーを務めた猪苗代町の沼尻高原ロッジが11月11日、リニューアルオープンするようだ。

安達太良山、磐梯山、吾妻山に囲まれて立つ沼尻高原ロッジは1992年に開業し、2016年の田部井さんの死後、閉館していたが、会津芦ノ牧温泉の大川荘が田部井家からロッジを譲り受けたそうだ。
田部井さんに憧れていたという大川荘社長の渡辺幸嗣さん(41)が再開に向けて7月から工事を開始し、暖炉がある当時の雰囲気をそのままに、木材をさらに取り入れ温かみのある宿を目指して整備を進めているそうです。地上2階地下1階の同ロッジは、洋室11室、和室1室があり、一部の部屋にはシャワールームを設置して外国からの旅行者にも対応できるようにしたそうだ。
中2階にはラウンジを設け、お酒などの飲み物を提供し、料理は健康を意識したメニューを提供する予定で、会津産の食材を数多く取り入れるという。
館内には田部井さんの写真や、登山靴、ピッケル、スキー板などの愛用品のほか、世界各地から持ち帰った工芸品なども展示する予定で、宿泊だけでなく、日帰り入浴も受け付ける。人類初のエベレスト登頂を果たしたニュージーランド出身の登山家エドモンド・ヒラリーが宿泊したことでも知られる同ロッジは温泉も豊富な湯量で最高ですよ。
行きたくなりました。

応援ぽちをよろしくです。


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
  

開始2007/5/23

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。

最新コメント

[10/08 ER(テレ娘)]
[08/15 ER(テレ娘)]
[07/01 ゆきえ]
[04/25 Taym]
[03/30 manohironori]

ブログ内検索

アクセス解析

モバイル版はこちらのQRから

Copyright ©  -- Angels-Lily --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS /  /