登山、キャンプ,スキー、旅行を楽しんでいます。 もちろん温泉付です。 ランニングも始めておりフルマラソンに挑戦中です。仮装も楽しいです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2015 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ クリックで救える命がある。
Admin*Write*Comment
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

自由が丘南口にキャンプファイアダイニング「Campfired Grill & Cafe THE BANFF」がオープンしたそうだ。バーベキューなどグリル料理を提供する店の多くはチャコール(木炭)グリルを使うが、同店は店内に薪専用グリルを設置してナラの木を燃やして強い炎と煙で一気に調理する「ウッドファイヤード・グリル(WOOD-FIRED GRILL)」が特長だそうだ。遠赤外線効果によるジューシーな食感と独特の薪の香りが楽しめるとのことで言ってみたくなりました。

お店はログハウスを思わせるウッディーな店内に、薪グリルの炎と薪のはぜる音が目の前で楽しめるラウンド型カウンターと椅子など配したテーブル席があるようだ。メニューを見るとちょっと高めだがアウトドア派でキャンプ好きな人にはよさそうなお店です。言ってみようかな。お店のHPはこちら

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




新しいロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge」が2016年10月に北海道・上士幌町の町有林で開催されるそうだ。これは山岳救助を想定したロボット競技になっており、ドローンやローバーを使って、遭難者の発見・救助を行う内容になっている。競技会場は上士幌町の町有林で大自然が広がる中でおこなうそうで広さは3平方kmもある。
競技の課題として「発見」「駆付」「救助」の3つがあい、投入できるロボットの台数に制限はなく、操縦は自動でも手動でも構わないが無線制御である必要があり、有線制御は認められないという。各課題の賞金は以下の通りで、それぞれ最初に達成したチームに授与されるそうだ。
課題1「発見」 50万円(毎日1組)
課題2「駆付」 500万円(期間中1組)
課題3「救助」 2000万円(期間中1組)
課題1では、遭難者に見立てたマネキンを捜索する。制限時間は60分で、各チームは同時にスタート。マネキンを見つけたら、位置情報と撮影画像を主催者に送信する必要があり、±30m以内の誤差であれば発見と見なされる。マネキンが置かれる場所は毎日変わり、服の色については当日朝に発表されるという。
課題2では、発見したマネキンにレスキューキット(重さ3kgの箱)を届ける。制限時間は180分で、レスキューキットをマネキンの周囲3m以内まで運ぶことができれば課題達成となる。ただし、マネキンから50m以内への物体の投下は禁止されているので、ドローンで直接、マネキンのそばに落とすようなことはできないようだ。
課題3では、マネキンを救助する。制限時間は360分で、マネキンをスタート地点まで搬送できれば課題達成だ。ただし、遭難者の体温の低下を防ぐため、搬送時にはマネキンを外気から遮断できる空間内に格納することが求められている。またマネキンが受ける衝撃の大きさにも制約があり、各方向とも1G未満に抑えなければならない。
ドローンだけで達成できる課題1はまだしも、課題2と3の難易度はかなり高いですね。特に課題3は、重量50kgのマネキンを運搬できる能力が必要で、大型で強力なローバーを用意しなければならないし、またマネキンをどうやってローバー内に移動させるのかという問題をどうクリアするかみものですね。開催期間は10月17日(月)から21日(金)までの5日間で、参加申請を9月5日まで受け付けています。詳細は(こちら)のサイトで確認してください。これまでのところ4チームが大会への出場を決めているそうですよ。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

</a



絵地図作家の村松昭さんが、長野、静岡、山梨の3県にまたがる南アルプスを上空から見下ろす形で描いた「南アルプス鳥瞰絵図」を信濃毎日新聞社から出版したそうだ。

絵図を広げた大きさは縦60cm、横1m。国内で2番目に標高が高い北岳(3193m)を中心とした山並みのほか、ライチョウなどの動植物、山麓の温泉や電車の駅なども描いているそうだ。約3年前から実際に山頂や沢などに足を運びながら描いたようで「南アルプスは広く、山深い。山域の概要を把握するのに役立ててほしい」と話しているそうです。山塊を見れるので役立ちそうですね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




弥生新道コースは、弘前市の弥生いこいの広場を登山口にし、北西へ登山道(幅約1.5m)を約2kmに開設にしたそうです。その先の3合目(標高600m付近)で従来の弥生コースと合流する。7〜8合目で竹やぶなどを刈り払いし、山頂まで登山道が整備された。新コースは全長約5kmで弥生コースより1.5kmキロ短い。現在の5コースと比べ、新コースは最も安全で初心者にも親しめるようだ。

(写真は東奥日報より借用)
岩木山弥生登山道の新道整備を進めてきた市民団体「津軽百年の森づくり」は、「山の日」に合わせ新道完成記念登山を行ない、登山愛好者ら約30人が新道の感触を確かめながら心地よい汗を流しながら登ったそうです。良い登山道ですね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




山梨県警が2016年1月~6月の山岳遭難発生状況を発表している。
・発生件数 48件(前年同期比17件増)
・遭難者数 54人(前年同期比21人増)
遭難者の内訳は下記です。
・死者 9人(前年同期比2人増)
・負傷者 27人(前年同期比12人増)
遭難の原因は下記のとおりです。
・滑・転落 23人
・転倒 11人
・道迷い 6人
・疲労・発病 7人
遭難発生の山域
・八ケ岳・秩父 17件
・富士・御坂 14件
・南アルプス 10件
・大菩薩・道志 7件
遭難者のうち中高年者が38人で約7割にのぼり、県外の登山者が49人で割超となっていて、48件の遭難事故のうち単独が42件と割近くをしめている。単独登山の危険性が統計にも表れていますね。登山届の提出は9717件と前年同期の6668件から大幅に増加したが、提出率がアップしたのか、登山者が増加したのかの検証はできていないそうだ。検証できる仕組みがほしいですね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




山岳へルメット着用奨励山域の指定について、長野県山岳遭難防止対策協会が、登山による滑落、転落、転倒事故の多い山域を「山岳ヘルメット着用推奨山域」に指定しています。
着用奨励山域は次のとおりですが転倒や滑落には効果が大でうからこの山井外にもかぶって行くのがk自分の身の安全確保に大事ですね。私はかぶっていきますよ。
▼北アルプス南部
槍・穂高連峰のうち、北穂高岳から溜沢岳・屏風岩、前穂高岳(北尾根から吊尾根)一帯、西穂高岳から奥穂高岳、北穂高岳から南岳(大キレツト)、北鎌尾根・東鎌尾根の区域
▼北アルプス北部
不帰の峻周辺、八峰キレット周辺
▼南アルプス
甲斐駒ケ岳、鋸岳
▼中央アルプス
宝剣岳
▼戸隠連峰
戸隠山、西岳
山小屋での優勝レンタルもありますので(こちら)を参照してくださいね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ




夏山真っ盛りだが登山中に山の天気を調べたり、家族や友人に登頂や下山を知らせたりと登山中は携帯電話を利用するシーンが多くありますね。SNSへの写真アップなどもリアルタイムができてとても助かります。私はDocomoなので携帯電話が利用可能な登山道(こちらのサイト)で確認して登山しています。こういう情報助かりますね。先日登った燕岳ではSNS仲間が同じ山小屋にに泊まっているのが判り、メッセージ送ったら会うことができました。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



開始2007/5/23
カレンダー
07 2016/08 09
S M T W T F S
26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[08/20 トシカズ]
[07/06 NONAME]
[04/30 NONAME]
[04/11 玉置三紀夫]
[03/01 ER(テレ娘)]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
Copyright © Angels-Lily All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
Powered by NINJA TOOLS