還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[2394]  [2393]  [2392]  [2391]  [2390]  [2389]  [2388]  [2387]  [2386]  [2385]  [2384

尾瀬サミット&大江湿原に防護柵

  尾瀬の環境保護と保護施策の推進に向けた地域連携について、福島県と群馬、新潟の3県の関係者が意見を交わす「尾瀬サミット2013」が行われたようだ。

3県の関係者ら約50人が尾瀬に入って観察会を実施しニホンジカによるニッコウキスゲの食害を見てまっわった。そして、尾瀬利用促進の取り組みとして入山口の観光客分散化対策などやシカの食害問題などについても話し合ったとのこと。
このなかで林野庁はニホンジカによる食害問題では防護柵の導入を平成26年度に檜枝岐村の大江湿原に設置する方針発表した。全長3.5kmにわたり湿原全体を囲い込みニッコウキスゲへの食害を防ぐそうだ。防護柵は高さ約2mで森林内に設けることで木道から見えにくくして景観に影響しないよう配慮するとのことです。なお、福島県や檜枝岐村などは今年7月に夜間に追い払いをして効果を挙げたようだが追い払ったシカが別の地域に移動するだけだと駆除の強化や駆除に向けた手続きの簡素化など抜本的対策が必要なようですね
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ランクアッ プが励みです。クリックよろしく!
↓  こちらもよろしく。


人気ブログランキングへ

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS