還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[2854]  [2853]  [2852]  [2851]  [2850]  [2849]  [2848]  [2847]  [2846]  [2845]  [2844

登山をより安全に楽しく

松本市で開かれた「岳都・松本山岳フォーラム」で遭難救助関係者による提言、女優釈由美子さんが登山の魅力を語るトークショー、ヨガ教室など多彩なプログラムがあったそうだ。
「安全登山セミナー」では、北アルプス南部地区山岳遭難防止対策協会で救助隊長を務める涸沢ヒュッテ社長の山口孝さん、穂高岳山荘小屋番の宮田八郎さん、県警山岳遭難救助隊の岸本俊朗さんの3人が、遭難の現状や安全な登山のための心構えを語り、今年1月~10月の県内山岳遭難が262件で過去最多となった昨年の300件は下回るが、高止まりの状態と指摘した。遭難者の年代と登山歴について、岸本さんは「初心者が多いと思いがちだが、半数は10年以上の経験があるが、単独や2人パーティーの遭難が6割」と解説している。同行者がいない場合、近くに目撃者がいればいいが、事故に遭ったときに自分で連絡することが困難」とし、単独登山が死亡や行方不明につながる危険性を指摘した。また、連絡が遅れて亡くなった単独登山者の生々しい事例を伝えた。そして中高年に向け「体力がある昔の姿を過信して事故に遭う確率が高い。できれば単独は控えてほしい」と促した。遭難しないための行動として、3人とも登山計画書提出と岩場など危険地域でのヘルメット着用を呼び掛けている

人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加してます。ランクアッ プが励みです。応援クリックよろしく!

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS