還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ クリックで救える命がある。
Admin*Write*Comment
[2990]  [2989]  [2988]  [2987]  [2986]  [2985]  [2984]  [2983]  [2982]  [2981]  [2980

絶滅の恐れが指摘されている国の特別天然記念物「ライチョウ」の減少に歯止めをかけようと、環境省が今夏から、南アルプスでライチョウの子育て支援に乗り出すそうだ。ライチョウのひなの半数以上は外敵に襲われるなどして死んでおり、同省職員が7月上旬から約3週間は日中はつきっきりで母子を保護し、夜間はケージに収容して外敵や風雨から守る。国連教育科学文化機関の生物圏保存地域「エコパーク」登録に際し、ライチョウは南アルプスの豊かな自然環境を象徴する生物の一種とされている。1980年代には国内に約3000羽が生息していたが、現在は2000羽弱に減少しているそうだ。キツネやカラスなどの外敵が侵入したり、シカなどが餌となる植物を食い荒らしたりしていることが要因とみられ、同省のレッドリストで近い将来に野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」に指定されている。

雌のライチョウは6~7月に5個前後の卵を産み、卵は約3週間でふ化するが、ひなは外敵に襲われたり、悪天候で体温が低下して衰弱したりして、生後1カ月の間に半数以上が死んでいるという。このため今夏から、ライチョウの母子の子育て支援を始め同省職員らが7月上旬から約3週間にわたり、日中はライチョウに付き添って外敵に目を光らせ、夜間はシートで覆った木製のケージに収容し、ひなが自力で体温を調節して飛べるようになった時点で保護活動を終えるとのこと。実施場所は北岳と仙丈ケ岳を候補地とし、6月につがいの数を調べて決定するとしている。ちょっとやりすぎの感はありますが親子ずれを山で見かけるとうれしくなりますね。

応援ぽちを2つよろしくです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
開始2007/5/23
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 9 10 11 12
13 14 16 17 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]
[10/10 Toshiya Oki]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
Copyright © Angels-Lily All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
Powered by NINJA TOOLS