還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3011]  [3010]  [3009]  [3008]  [3007]  [3006]  [3005]  [3004]  [3003]  [3002]  [3001

遭難した県によって異なる死因

珍しい統計資料があった。登山で遭難した県によって異なる死因の統計です。山岳遭難での死者および行方不明者は全遭難者数の11.8%です。死者数の順では、1.長野県、2.富山県、3.北海道、4.山梨県と、遭難件数の多い県の順位とは異なり、2013年の死亡が多い3県の死因(図1、図2、図3)を見ると、山域ごとに死因には違いがあることがわかりますね。
  
死因は、外傷、寒冷傷害(低体温症、雪崩埋没)、心臓発作が圧倒的に多い点で共通しており、外傷と雪崩埋没は地域差が大きく、心臓発作は山域に関わらず、一定の割合で起きています(図4)ことがわかる。
 
この統計データは大城和恵さん心臓血管センター北海道大野病院医師/国際山岳医が発表しているものだが、判りやすく登山山域でどのような死因が多いかで登山計画の中でその準備対策が立てられますね。次回は、「中高年に多い山での心臓突然死」について、詳しくお話しします!とありましたので期待しています。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS