還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3035]  [3034]  [3032]  [3033]  [3031]  [3030]  [3028]  [3027]  [3029]  [3026]  [3025

富士山山小屋に噴火対策装備品

突発的な噴火活動から登山者の安全を確保するため、7月1日の夏山開きを前に宿泊客用にヘルメット、ゴーグル、防塵(ぼうじん)マスクの安全装備品1000セットを準備して、山梨県側山小屋16軒に順次配備しているようだが警戒レベルが出ていないのに他にすることはもっとあるように思う。現在では落石の方がはるかにリスクは高いので登山口でヘルメットの装着指導や貸し出しを行なう方が先決ではないだろうか。緊急時のヘルメットについては、県が5合目の総合管理センターに1500個を配備しているようだが登山客の数からして少なすぎるでしょう。入山制限やヘルメット着用義務化の啓蒙の方が先だと思うのだが。静岡県側は?

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
富士山山小屋に噴火対策装備品
ヤバイときには、君子危うきに近寄らずが一番や。
富士山も大噴火すると逃げ場がない。
ヘルメットをかぶって、防塵マスクして、ゴーグルで、どこへゆく。地下に潜る?
Re:富士山山小屋に噴火対策装備品
地下はマグマで焼け死にますよ。
【 管理人Yokohambaron 2015/06/29 15:05】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS