還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3081]  [3080]  [3079]  [3076]  [3077]  [3078]  [3075]  [3074]  [3073]  [3072]  [3071

ライチョウのヒナをニホンザルが補食

長野県は絶滅の危機にひんしている国天然記念物のライチョウのヒナが、標高2800mの北アルプス東大天井岳付近でニホンザルに補食されているのを国内で初めて確認したと発表した。長野県の委託を受けてライチョウの生息実態を調査している中村浩志信州大名誉教授らが8月25日に撮影したそうだ。ニホンザルは本来、高山帯に生息する動物ではないが近年は餌を求めて標高の高い地域に侵入し目撃される例が目立っている。私も数年前爺が岳~貸間や理恵の尾根道で目撃している。ニホンザルがライチョウの親鳥を襲うのを目撃したという例は、登山者などにより報告されていたが、研究者によって捕食 の場面が確認されたのは初めてだそうだ。

クリックで拡大できます
「サルは肉食もするが、もともとは草食。まさかライチョウを襲うとは思っていなかったので驚いたと話ている。サルは群れで行動し学習する動物なので、他の山域のサルにライチョウの捕食が広がれば大変なことになりますね。youtubeにも一般の方の動画が投稿されています。(こちら)
また上野動物園では北アルプス乗鞍岳で採集した卵5つの孵化に初めて成功したが、8月26日に雄のヒナ1羽、27日に2羽目が死んでいる。ライチョウがいなくなったら高山の出会いの楽しみがなくなってしまいますね。

応援ぽちを2つよろしくです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
無題
動物の世界は恐ろしい。カラスがエサがなくなると、幼鳥を襲いますよね。
猿も雑食性なんですね。
Re:無題
猿、鹿は高山植物や動物の害獣ですね。
早めの対策が必要でしょう。
【 管理人Yokohambaron 2015/09/01 13:21】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS