還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3105]  [3104]  [3103]  [3102]  [3101]  [3100]  [3099]  [3098]  [3097]  [3096]  [3095

鍛冶職人山内東一郎作名工のピッケル

ピッケル作りの名工といわれた鍛冶職人山内東一郎さん(1890~1966年)の作品が、南アルプス市芦安芦倉の南アルプス芦安山岳館に寄贈されたそうだ。全国で現存する山内さん作のピッケルは約700本で所有者のほとんどが手放さないといわれる名品だ。同館は国内登山史の貴重な資料として常設展示することにしたようだ。

寄贈されたピッケルは、モリブデン鋼製で長さ82.5cmでブレードとシャフトの接合部分には「山内東一郎作 1689」と名前と製品番号が刻印されておりシャフトは木で覆われている。山内氏は青森県出身で世界で初めてニッケルクロム銅を使ってピッケルを作ったそうだ。強く美しい形状のピッケルは「山内のピッケル」と呼ばれ、多くの登山家が高く評価し、受注生産で生涯で手掛けたピッケルは約2000本あるそうだがまだ数多く残っていますね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
無題
今、村でも鍛冶屋を探すのに苦労する。ピッケルも鍛冶屋で作ったんかね?量産品?
Re:無題
内容読まないでのコメントはいかがなものか。
【 管理人Yokohambaron 2015/09/25 12:51】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS