還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
  ★ 開始2007/5/23
  ★ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  ★ プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
  ★ 最新コメント
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]
  ★ ブログ内検索
  ★ アクセス解析
  ★ モバイル版はこちらのQRから
  ★ フリーエリア
★ 最古記事
★2016/10/21 (Fri)
北アルプス白馬岳(2932m)への主要登山ルートの白馬大雪渓が雪不足の影響で9月から通行止めになっていると日記に書いたが、大雪渓を迂回する新ルート整備の検討に入ったそうだ。例年なら一年中残る雪渓の大部分が解け、2017年以降に秋の登山シーズンに登れない可能性があるからのようだ。このため2017年5月にも新ルートの現地調査をする方針を決めたそうだ。新ルートの候補とするのは猿倉登山口から入り、樹林帯などを経て北の尾根へ上がる道で、小蓮華山を経て白馬岳へ向かう既存のルートにつながる。山頂までの所要時間は大雪渓を通るルート並みの約6時間で比較的緩やかで登りやすいようだ。

白馬岳へは、ゴンドラリフトとロープウエーを乗り継いで栂池自然園から白馬大池経由で行く道や、猿倉登山口から白馬鑓温泉を経て白馬鑓ケ岳、杓子岳を縦走する道があるが、所要時間が長かったり、険しすぎたりし、登山者が山頂の山小屋に着く時間が遅れるなどの問題が起きている。18日に環境省長野自然環境事務所が大雪渓を視察下が、厚さが最大30mに達する雪渓の所々に割れ目が生じ、崩れ落ちているのを確認しているようだ。昨冬の少雪の影響とみられているが、来2017年以降の状況は全く予想が付かないそうだ。白馬大雪渓を登れなくなるのはつまらないですね。大雪降ってもらいたいです。

応援ぽちを2つよろしくです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
[3492] [3493] [3491] [3490] [3489] [3488] [3487] [3486] [3485] [3484] [3483]
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

★ ILLUSTRATION BY nyao
Powered by NINJA TOOLS