還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3630]  [3629]  [3628]  [3627]  [3626]  [3625]  [3624]  [3623]  [3622]  [3621]  [3620

白神山地で菅江真澄が歩いた古道再生へ

江戸時代後期の紀行家、菅江真澄が通った白神山地の古道の再生を企画する団体「津軽百年の森づくり」が青森県などと合同で現地を視察してルートを調査したそうだ。視察は菅江真澄が歩いた古道約700mを含む周回ルート約205kmを3時間ほどかけて歩きちょうさしたようだ。

ブナの新緑に覆われた古道では、ムラサキヤシオツツジが見頃を迎え、山菜のワサビやゼンマイも生えていたようだ。国の天然記念物に指定されているクマゲラの巣も見つかった。視察した津軽森林管理署では「このルートであれば、安全上は問題ない」と語ったそうだ。菅江真澄は30歳ごろから16歳で亡くなるまで東北地方などを紀行し、青森県に6年間滞在したという記録も残されている。白神山地の「暗門の滝」には1796年と98年に訪れている。古道が復活して歩けるようになれば、菅江真澄や自然に対する理解が今よりも深められるでしょうね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS