還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ クリックで救える命がある。
Admin*Write*Comment
[766]  [765]  [764]  [763]  [762]  [760]  [759]  [761]  [758]  [757]  [756

2007/9/21のブログで蝉の種類が変化しているを書いたら、コメントに「素数ゼミ」についてのコメントを頂いた。その中で本当に自然が素数を認識しているとは思えないとのご意見であった。『素数ゼミ』とは13や17といった素数(1とその数字以外では割り切れない数)の年数ごとに大量発生する不思議な蝉です。最近では2004年に米東部で数億匹の17年ゼミが発生した。『素数ゼミの謎』については静岡大/吉村仁教授のHPを参照し本を出版しているのでそちらを参照してください。吉村教授の研究室ではコンピュータによるシミュレーションで今月なぜ、素数の年に集中するようになったか解明したそうだ。難しいことは分からないが、羽化が重なると交雑が起きて周期がずれ子孫は羽化しても仲間が少なく繁殖や生存に不利になる。そこで他の周期の蝉と羽化が重なりにくいことが挙げられていた。シミュレーションでは単純に世代交代を繰り返すだけでは周期による素数ゼミの優位性は見られなかった。そこで自然界に見られる「種の個体数が一定の数を割り込むと、一気に絶滅に向かう」という法則(アリー効果)をシミュレーションに導入したところ17,13,19年周期の順で個体数が多くなり『素数ゼミ』が生き残った仮定の再現が出来たそうだ。進化のメカニズムは難しいですね。自然が素数を認識しているのではなくアリー効果なのでしょうか?山ではハルエゾゼミが鳴き出しているでしょうね。
にほんブ
ログ村 アウトドアブログ 登山へ←日本ブログ村ランキングに参加中です。ランクUPが励みになりますのでクリックお願いします。
にほんブロ グ村
↓こちらもとろしくね
人気ブログランキングへ



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
開始2007/5/23
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 9 10 11 12
13 14 16 17 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]
[10/10 Toshiya Oki]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
Copyright © Angels-Lily All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
Powered by NINJA TOOLS