Angels-Lily

還暦から始めたブログも14年目を迎えます。 古希を過ぎると体力が落ちてきました。 のんびりと登山やWalkingをしていきます。 Copyright (C) 2007-2020 Angels-Lily All rights reserved.

応援ぽちをよろしくです。 人気ブログランキング にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村

氷河立山連峰で確認

10月に立山連峰 の氷体調査の結果「氷河」の可能性があると報告が出ていて『立山連峰の氷体は氷河か』(こち らの日記)に書いたが詳細調査の結果この氷体は『氷河と』確 認されたようだ。北アルプス・立山連峰の雄山(標高3003m)の東側斜面にある万年雪(氷体)が、国内では未発見 の「氷河」だとする調査結果を、富山県の「立山カルデラ砂防博物館」が11月30日、発表し、ロシア・カムチャツカ 半島以南の東アジアに氷河は現存しないとする定説を覆した。氷河は、厚さ約30mを超す雪や氷塊が重力で流動し続 けるものをいい、山岳地の斜面を覆う雪などの重みで圧縮され形成されるが立山連峰には1万年以上前に氷河の浸食 でできた地形があり、1970年代、山形・秋田県境の鳥海山(標高2236m)の万年雪が氷河ではないかとして調査され たが流動が確認できず、長年、日本に氷河はないとされてきた。しかし、今年8月から雄山の斜面にある「御前沢雪 渓」の氷体(長さ約700~800m、幅200~300m、厚さ約30m)を調査し、11カ所に長さ約3mのポールを埋め、その 動きをGPS(全地球測位システム)で追跡した結果、氷体の斜面下側4カ所で1カ月に約30~6Cm動いているのを確 認したそうだ。かつて大きかった氷河が、縮小しながら流動しているとの結論がえられたそうだ。地球温暖化でなく なってしまうのでしょうがこの氷河はその標本になるのでしょうね。
日本ブログ村ランキング に参加中です。ランクUPが励みになりますのでクリックお願いします。
にほんブログ村
アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↓こちらもよろしくね
人気ブログランキングへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

無題

前にバロンぱぱが記事になさったことですね。

確認されたのですね。
なんかロマンチックですね。
。:*:・(*´ω`pq゛ポワァン

ぽち~~~~

Re:無題

温暖化の指標にもなるようですね。
いづれ消えちゃうのかな・・・
  • from Yokohamabaron |
  • 2010/12/12 (13:01)
  

開始2007/5/23

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Yokohamabaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。

最新コメント

[05/23 tackmemo]
[10/08 ER(テレ娘)]
[08/15 ER(テレ娘)]
[07/01 ゆきえ]
[04/25 Taym]

ブログ内検索

アクセス解析

モバイル版はこちらのQRから

Copyright ©  -- Angels-Lily --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS /  /