還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ クリックで救える命がある。
Admin*Write*Comment
[2510]  [2508]  [2507]  [2506]  [2505]  [2504]  [2503]  [2502]  [2499]  [2500]  [2501

週間ヤマケイの記事の中にいつも山の知識検定があるが今回は低体温症についてであった。
年末年始に登山に行く方は十分知識を身につけていってくださいね。
そこで問題です。

Q:最近、冬山以外でも低体温症による大量遭難が多発している。下記の低体温症についての記述で誤っているものを選びなさい。

1:体幹部体温35℃以下が低体温症とされるが、軽症でも症状は急速に悪化し無関心状態に陥る。36.5℃から始まる前兆の症状である身体の震えで自覚する。

2:低体温症の発症原因は、身体の濡れと風に吹かれることから始まる。濡れる前や風に吹かれる前に、手早く防寒ウェアやアウターウェアを着用する。

3:低体温症にかかった患者の回復には、全身マッサージが効果的である。ツェルトなどに収容したら、周りの人がこすって温める。

4:予防にはこまめに栄養摂取することがよい。ポケットにチョコレートやアメ、ドライフルーツなどをしのばせて、ちょこちょこ口にする。

できましたか?

低体温症に陥った人の回復にマッサージは逆効果である。マッサージは、体表の冷えた血液が体幹部に回り、一挙に症状を悪化させる危険がある。また、アルコールやコーヒーなども、血管を拡張させて熱を奪ったり、利尿作用により脱水症状を起こすおそれがあるので与えてはならない。低体温症の症状は寒さの自覚から始まり、震え、思考力低下、歩行困難、意識混濁、転倒へと続く。たとえ十分な食料や装備を準備していても、思考力の低下によって着たり食べたりすることができなくなるといわれている。
濡れないこと、吹かれないこと、絶えずカロリーを補給することなど、震えがくる前に予防することが肝心である。
【正解】3ですね。
平成24年度「山の知識検定シルバーコース」試験問題より
出題:社団法人日本山岳検定協会(山の知識検定)(HPはこちらです)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑ ブログランキングに参加してます。ランクアッ プが励みです。応援クリックよろしく!
↓  こちらもよろしく。

人気ブログランキングへ



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

無題
夜寝る前に、焼酎を飲み過ぎると脱水症状、ビール飲み過ぎると膀胱破裂症状が起こります。
樫平吾 2013/12/30(Mon)20:27:06 編集
Re:無題
お酒はすべてほど程で飲みましょう。
管理者:Yokohambaron 2013/12/30 21:03


開始2007/5/23
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 9 10 11 12
13 14 16 17 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]
[10/10 Toshiya Oki]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
Copyright © Angels-Lily All Rights Reserved.
photo by Kun material by Atelier Black/White Template by Kaie
Powered by NINJA TOOLS