還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ クリックで救える命がある。
開始2007/5/23
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[01/02 ER(テレ娘)]
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア
最古記事
[3016]  [3015]  [3014]  [3013]  [3012]  [3011]  [3010]  [3009]  [3008]  [3007]  [3006

遭難救助にドローンを大山で導入

鳥取県の大山(1729m)周辺の自治体や県警などで構成する「大山遭難防止協会」が遭難救助用に小型無人機「ドローン」を導入することを決め、本2015年度中に1機を購入して操縦講習などを経て、早い時期の活用を目指すそうだ。計画では、ドローンは遭難者の場所や状況の把握が目的で上空から小型カメラで撮影し救助活動に役立てる。操縦半径2Km程度で、山岳気象の中でも安定する中級機種を検討するという。私も山岳地帯でドローンの操縦を行ったが高低差や方角などの把握が熟練しないと難しいことがわかった。「ドローンは遭難者の早期発見だけではなく、救助隊の二次災害を防ぐ上でも有効」としているが予備機も購入しておかないと練習にも差しさわりが出てきますよ。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment
遭難救助にドローンを大山で導入
それで、貴台もドローンをやろうというわけ?ヨメさんを説得する口実?
Re:遭難救助にドローンを大山で導入
ヨメさんは関係ありませんね。
わたしが参加しているボランティア活動の一環で植生調査や動物調査です。
わたしのドローンは学術的目的ですから茶化さないでね。
【 管理人Yokohambaron 2015/06/07 15:10】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント


graphics by アンの小箱 * designed by Anne

Powered by NINJA TOOLS