HOME Admin Write

Angels-Lily

還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ クリックで救える命がある。
八ケ岳連峰で10月18日まで2日間、離れた場所で登山者の位置を確認するサービス「TREKTRACK(トレック・トラック)」の実証実験が行われたそうだ。登山者が持つ発信機から山中に設置した受信機に1分おきに位置情報が送られ、インターネット経由でパソコンやスマートフォンで確認できる仕組みだそうだ。開発した企業は遭難対策に役立つとアピールし、実験には県山岳高原観光課や中央アルプス地区山岳遭難防止対策協会の関係者が立ち会い確認したようだ。

実験は北横岳(2480m)と縞枯山(2403m)の間に広がる溶岩台地「坪庭」で実施し、坪庭の休憩所に受信機を設置して発信機の位置情報が正しく表示されるかを確認した。発信機と受信機の間はより遠くに電波を飛ばせる通信規格「LoRaWAN(ローラワン)」を使い、衛星利用測位システム(GPS)を使うより低コストで運用可能という。発信機ごとのIDで、携帯する登山者の位置情報を確認する仕組みのようだ。受信機は半径5~10kmキロ圏内の発信機の電波を受信し、雪崩の現場でも雪面から1~2mほど下からなら受信可能という。システムで蓄積した情報を分析すれば、安全な登山道の整備に生かすこともできるとしている。受信機は30万〜40万円で発信機11万円未満の価格設定を目指して開発しているそうだ。自治体に受信機をまとめて販売し、山域全体をカバーするといった使い方を想定し、発信機は登山者に販売したり、貸し出したりし、サービスの利用自体は無料化を検討しているようだ。導入コストが下がると利用しやすくなりますね。

応援ぽちを2つよろしくです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
開始2007/5/23

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。

最新コメント
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]

ブログ内検索

アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア

Copyright ©  -- Angels-Lily --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  / 
Powered by NINJA TOOLS