還暦から始めたブログも11年目を迎えています。 古希を過ぎると体力が落ちてきました。 のんびりと登山やランニングをしていきます。 Copyright (C) 2007-2018 Angels-Lily All rights reserved.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
長野県内の2017年前半の山岳遭難が増加傾向を見せており、梅雨明けの夏山本番に向け関係者は警鐘を鳴らしています。年明け6か月の遭難件数は前年に比べ20%以上増え、その多くは不十分な装備や技量不足が原因となっており、登山の専門家は「気軽に行けるからという動機だけの登山は危険を招く」と、しっかりした情報収集など周到な準備を求めています。長野県内の今年1月1日から6月18日まで約半年間の遭難は、長野県警の調べで106件に上り、前年同期(85件)比で21件の増加。死者17人(前年同期比1人増)、行方不明5人(同4人増)、負傷者59人(同13人増)、無事救出45人(同5人増)で、遭難者の合計は126人、23人の増加となっている。1~6月期の原因別では、「転・滑落」が最も多い36%。「道迷い」の24%、「転倒」17%と続きます。浮き石に乗り滑落(6月14日・須坂市の山林)、雪上でスリップ・滑落(6月16日・白馬鑓ケ岳)、下山に必要な装備品を紛失、行動不能に(同日・白馬鑓ケ岳)といったケースが多く、県警は遭難統計に添えて「雪渓上の滑落事故では装備品や技量の不足に原因があるものが見受けられた」と指摘しています。年齢別では遭難した男性94人のうち40代~70以上の中高年が59人、62%と過半数を閉め、女性の遭難者でも32人のうち40代~70以上は24人、75%と大半でした。これまでの遭難でも指摘されてきた疲労などによる「つまづき」や「転倒」などが遭難につながることや、登山者の高齢化傾向があらためて浮き彫りになり、遭難の増加とともに夏山シーズンへの不安な兆候となっているようなので周到な行動計画と体調管理をして登山しましょうね。。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[3656]  [3655]  [3654]  [3653]  [3652]  [3651]  [3650]  [3649]  [3648]  [3647]  [3646
開始2007/5/23
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。
最新コメント
[10/24 ER(テレ娘)]
[07/21 Manohiro]
[06/08 Manohiro]
[05/02 Manohiro]
[04/09 目目連]
ブログ内検索
アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
最古記事
Angels-Lily 長野の山岳遭難は上半期は2割増加 Produced by Yokohambaron
黄昏 Designed by ブログテンプレート がりんぺいろ
free pictures
Powered by NINJA TOOLS