HOME Admin Write

Angels-Lily

還暦から始めたブログも10年たち、古希を迎えて登山、キャンプ,スキーの回数は激減してます。ただし、旅行はまだまだ楽しんでいます。 マラソンはフルはきつくなったので距離を短くしていくつもりです。 写真はクリックすると拡大します。 ご質問や連絡等がありましたら一番下のメールからをご利用ください。 Copyright(C)2007~2017 Angels-Lily All Rights Reserved.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ クリックで救える命がある。
選択したカテゴリーの記事一覧
八ケ岳連峰にある32の山小屋などでつくる八ケ岳観光協会は今夏、会員の山小屋に泊まった親子連れのうち、子どもの宿泊費を無料にする「八ケ岳キッズプロジェクト」(7〜10月)の対象を全県の親子に拡充するそうだ。プロジェクトは2015年、諏訪地方の親子を対象に始まり、翌2016年は佐久地方と山梨県北杜市にも対象範囲を広げた。宿泊を予約し、学校などを通じて配るチケットを持参した上で、宿泊や山行の感想を子どもが絵日記にして山小屋に提出すると、大人人につき、園児や小学生計2人までの宿泊が無料になる。絵日記については、審査を経て子ども用の登山グッズなどを贈る企画もあるそうだ。今回、全県に対象を広げるのに伴い、県内市町村の教育委員会や観光担当部署にパンフレットを送り、また同協会の1観光案内に添付された宿泊券を持参すると、住所を問わず大人1人につき子ども1人の宿泊費が無料になる「八ケ岳キッズチャレンジ」(8月5〜18日)も行うそうだ。

八ケ岳の開山祭は6月4日正午から赤岳(2899m)と北横岳(2480m)山頂で行い、今年も参加者にはピンバッジを贈るようだ。毎年高山植物をあしらっており今年はクロユリとなっている。諏訪郡原村観光連盟も同日午前11時から、阿弥陀岳(2802m)山頂で開山祭を開そうですよ。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
山笑うという俳句の季語があるが、まさに今の季節ですね。仙台ではまだ弱々しいブナやミズナラの新芽5月の暖かな日差しをいっぱいに受けて輝いていているようだ。泉ケ岳(1172m)が冬ごもりから目覚め、かつて泉ケ岳の中腹はブナやナラの原生林で覆われていたが、明治になって木炭生産や植林によって次々と伐採された。それでも先人は要所要所にブナなどを残し、少しずつだがその種が芽吹いて原生林が回復しているという。

岳山と呼んでいた昔の人は、山が荒れないようにするにはどうすればいいのか知恵を絞ったのでしょうね。名も無い昔のナチュラリストは、はるか未来を見据えていたのかもしれませんね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
中央アルプス将棊頭山にある伊那市所有の山小屋、西駒山荘で使うまきを麓から運ぶレース「中央アルプス西駒んボッカ」が9月10日に開かれるそうだ。建材を徒歩で運んで山小屋を築いた精神を受け継ぎ、山や山荘に関心を深めてもらおう、と山岳関係者でつくる「西駒こまくさ会」が2013年に始めて5回目になる。5月27日には、レースで運ぶまきを割るなどする体験会を市内で開いたそうだ。

ボッカは、山小屋などに荷上げをする「歩荷」にちなむが、昨年までは、西駒山荘の改修に使うれんがを背負ったが、必要な量に達したため、今年はまきを運ぶことにしたようだ。18歳以上の男女が対象で定員は先着240人でまき2本(重さ計約3kg)を持ち、山麓の鳩吹公園を出発し、同山荘まで長さ11.6km、標高差1700mのコースだ。前日には競技説明や前夜祭があり、まき割りなどの体験会は定員25人で18歳以上が対象で鳩吹公園に集合し、近くの林で木の切り倒しも見学する。こまくさ会の事務局でによると、山ブームに加えて荷物を運ぶ珍しさなどから、毎年応募は定員に達しているそうですから早めに申し込みましょう。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
江戸時代後期の紀行家、菅江真澄が通った白神山地の古道の再生を企画する団体「津軽百年の森づくり」が青森県などと合同で現地を視察してルートを調査したそうだ。視察は菅江真澄が歩いた古道約700mを含む周回ルート約205kmを3時間ほどかけて歩きちょうさしたようだ。

ブナの新緑に覆われた古道では、ムラサキヤシオツツジが見頃を迎え、山菜のワサビやゼンマイも生えていたようだ。国の天然記念物に指定されているクマゲラの巣も見つかった。視察した津軽森林管理署では「このルートであれば、安全上は問題ない」と語ったそうだ。菅江真澄は30歳ごろから16歳で亡くなるまで東北地方などを紀行し、青森県に6年間滞在したという記録も残されている。白神山地の「暗門の滝」には1796年と98年に訪れている。古道が復活して歩けるようになれば、菅江真澄や自然に対する理解が今よりも深められるでしょうね。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
富士山の山梨県側の吉田口6合目にある富士山安全指導センターが、今年(2017年)から開山期間中(7月1日~9月10日)に登山者にヘルメットを貸し出すことが決まったそうだ。貸し出しはデポジット方式で、登山者はヘルメットを借りる際に¥3000を預け、ヘルメットを返却すると¥3000を返してもらえるため無料となる。富士吉田市によると、登山者のヘルメット着用率は1%以下で富士山安全登山指導センターではレンタル用ヘルメットを200個用意するそうだが観光登山のような人が借りるかな。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
警察庁が2017年ゴールデンウィクーク期間中(4月29日~5月7日)に全国で発生した山岳遭難事故について発表した。
遭難件数 167件(前年同期比 4件増)
遭難者数 190人(前年同期比 6人減)
捜索救助活動にあたり、警察は山岳警備隊員を中心に述べ1241人を投入し、ヘリを73回にわたって出動させたそうだ。
遭難者のうち死者は27人にのぼる前年同期比6人増、うち60歳以上が15人と半数以上を占めている。行方不明者は2人となっで負傷者は84人で前年同期比で21人増となった。
死者27人は、統計開始の1994年以降で2011年の31人に次ぐ2番目の多さだそうだ。また、昨年は0件だった北アルプスの雪崩による事故が4件にのぼり3人が死亡したそうだが寒暖の差が激しかったので雪崩が多かったのでしょうね。。

応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
スズランやカタクリの名所として知られる入笠山(1955m)に近い富士見町の富士見パノラマリゾートで、今季の営業が本格化しているそうだ。5月27日には入笠山の開山祭が予定されており、花の宝庫として知られる入笠山の澄んだ空気を味が気持ちよさそうです。
3月下旬から寒い日が続いた影響で、花の開花はいずれも例年より1週間ほど遅い5月末となる見込みだそうだが、スズランなどを見に訪れる人が増えるとみて、開山祭から6月25日までの期間を「すずらん祭り」と銘打ち、登山口につながるゴンドラリフトの運行開始を30分繰り上げて午前8時から稼働させるそうです。また往復券を購入した人には山野草の苗のプレゼントがあるそうですよ。
入笠山は山頂から富士山や南、中央、北の各アルプスを望むことができ、開山祭は午前11時からゴンドラリフト終点の「山頂駅」近くにある御所平峠登山口で行い、シーズン中の安全を祈るようだ。また諏訪地方の愛好家によるアルプホルンの演奏もあるので面白そうですね。
応援ぽちを2つよろしくです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
開始2007/5/23

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール
HN:
Yokohambaron
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
登山、テレマークスキー、花、温泉
自己紹介:
還暦を記念してブログを開設しました。

最新コメント
[10/19 ER(テレ娘)]
[12/20 ER(テレ娘)]
[12/09 矢田@医療職兼業トレーダー]
[11/30 目黒駅は品川区]
[10/30 ぴんく]

ブログ内検索

アクセス解析
モバイル版はこちらのQRから
フリーエリア

Copyright ©  -- Angels-Lily --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  / 
Powered by NINJA TOOLS